Pinned post

小型AT限定3回目 

今日はアドレスのほかにリード125にも乗りました。リードはアドレスよりもクリープが弱くて、加速が強い。

狭路・スラロームは特に問題なく。一本橋がねぇ、何度かは渡れてるんですけどもっと成功率を上げましょうということで復習になりました。

言われたこと
・もっと頭を動かす。顔を向ける。
・一本橋は落ちたらアウトなのでスピード出して渡ってもよいが、止まるとき急ブレーキにならないよう気をつけること(これはリードに顕著)
・橋の上でハンドルを動かすこと。力んで固まっちゃわないこと。
・利き目のほうで遠くを見る。
・どのラインで乗って渡るかをしっかりイメージする。

次回は大分先になっちゃいましたが、引き続きがんばります。

Pinned post

小型AT限定2回目 

狭路も走れるようになった。スラロームも走れるようになった。橋も渡れた。タイム計ってくれてて、5秒台出せたときもあった(4秒台のときが多かった)。どこをクリープで走るか、アクセル開けるかがなんとなくわかってきた。

次はシミュレーター。ブレーキ特性や荷重の話をした。前輪ブレーキだけで止まったとき・後輪ブレーキだけで止まったとき、両方使ったときなどやった。あとは連続するカーブでどのように速度落として曲がるかとか。

次は第1段階みきわめ。

Pinned post

小型AT限定1回目 

最初に急発進しないように発進の練習してから二輪専用コース出て、まずは1番で停車→2番で停車→3番で停車→発着点に戻るのをやりました。

そのあとは二輪専用コースで

①狭路→スラローム→坂道発進→左折
②狭路→スラローム→坂道通過
③狭路→スラローム→一本橋
の繰り返しでした。

目線が下すぎるのと、力はいってるのと、コースがイメージできてないとのご指摘をいただきました。

Pinned post

尾久自動車学校 

・二輪控え室は二輪専用コースのほうにある。レインウェアが手前の車庫にあって、防具とゼッケンが待合室にある。

・荷物置き場は待合室の外。ただの棚なので貴重品はウエストバッグに入れて教習する。

・配車券の発券は35分前から15分前まで。

・教習原簿は登録したICカードをタッチすると棚からガチャンって出てくる。

・教習原簿は二輪控え室の入れる場所に入れる。

・復習がない場合はそのまま帰れる。復習がある場合は予約の調整があるので原簿を持って5番窓口に行くよう指示される。

Pinned post

はちみつの中免取得チャレンジ第1部完のおしらせ 

本日最後の検定に臨みましたが不合格でした。緊張からかいろいろ失敗してしまい、まだまだだなというところです。

教習所は退所ということで、GSX250Rはキャンセルということで、手続きをしました。

再チャレンジについては未定ですが、とりあえずしばらく休息して、筋肉トレーニングなり体幹トレーニングしたほうがいいよと、それでまた免許が取りたいと思えば通えば良いよというアドバイスをいただきました。

「タクトどうするの?」と聞かれたので「え、タクトは降りないですけど……」と言ったら、そうじゃなくて50ccのギヤ付きバイクにするという案が挙がりましたが、現行新車で買えるのがgunner50しかなく、中古でも最近そういうバイクないからか結構値段高くて、その点に関しては未定です。

バイク鯖には居続ける予定なので、今後ともよろしくお願い致します。

尾久自動車学校では荷物置き場に鍵がかからないので貴重品はウエストポーチに入れるように言われますね(貸し出しもしているけどめんどくさいので買った)

夏用寝袋、冬の頃に買ったがまだ箱開けてない。

卒検弱すぎて小型ATもとれるかどうかわからなくなってきた

@HIGEOH それはカブちゃんのタイヤ交換がかかっているのできちんといますよ!
あと土曜日夕方ラスト教習ですしおすし。

心拍数が平常時70~80台なのに検定前は130いってたからね。どんだけ緊張してんやねんていう。

帰宅。今日は2回シャワーすることを覚悟しつつある

ちゃんとしたプロテクターなしでバイクに乗れない身体になってしまった

検定だめでした……緊張しぃなんだな。練習でできてたことができんかった。

明日卒検なのでドキドキして寝れないかも(昼寝した)

新東京のときは9ヶ月が迫っていたので無理矢理みきわめを出した説が濃厚。今回は余裕があるのに出たのでそういうことなんでしょう。

たとえ2段階みきわめが出たといっても免許とるまでは油断禁物

買い替えも正式決定事項ではなく……(なんせまだ免許がとれていませんので)

おいらのタクト、約2年で3385km、しかし今年の1月頃には300km程度だったことを考えると

Show older
バイク鯖

バイク乗りやバイクが好きな人やバイクに興味がある人が、バイクの話をしたりしなかったりするインスタンスです。よく話されている話題は「バイク(オン・オフ・ミニ)・キャンプ・ツーリング・レース・美味しいもの・美しい景色・山・海・写真・模型・図書・乗り物全般」だったりします。